兵庫トヨタ自動車健康保険組合 個人情報保護に関する基本方針公告介護保険ガイド
プロフィールサイトマップリンク
健康づくり健康保険組合のご案内健康保険ガイドこんなとき届け出申請書一覧けんぽQ&A
人間ドック(35歳以上)家族ドック(35歳以上)特定健診・保健指導郵送検診(34歳以下)乳がんグローブ歯科検診健康づくりこころとからだ健康相談広報・献血インフルエンザ常備薬斡旋健康診断
人間ドック(35歳以上)

被保険者の人間ドック(4月〜7月)


 昨年同様、35歳以上の被保険者全員が、「半日コース・日帰コース・2日コース」の3種類から選択できます。

今年から新たに、「兵庫県健康財団 保健検診センター」と「北播磨総合医療センター」の2か所が加わり、該当地区の方々にも利用しやすくなります。

若いうちから脳への関心を持っていただくためにも、「脳ドック」は年齢にかかわらず受診できるようになっています。
 人間ドックを受けることで、「病気の早期発見」「生活習慣の改善」「将来の病気予防」など、さまざまなメリットがあり、毎日の生活の中で「健康」に対する意識が高くなる要因のひとつとなることと思います。
是非、対象者の皆様全員が受診していただきますようお願いいたします。
なお、受診日までに当健康保険組合の資格を喪失される方は受診できません。
 また、本年度も、人間ドックと秋の定期健診は、いずれか一方のみを受診していただくこととなりますで、よく考えてお申し込みください。
(重複受診は原則不可ですが、事業所によって対応が異なりますので、各社の総務担当者にご確認ください)

人間ドックの種類と受診対象者

受診対象者 人間ドックの種類
被保険者 今年度35歳以上になる方 ・半日コース・日帰コース・2日コース

*自己負担金の支払いは、当日施設へ支払う形となります。
*カードで支払うことができる施設もありますので、各自施設へご確認ください。


人間ドックの受診について

 人間ドックは毎年4月から実施し、5月から8月初旬には検査結果がお手元に届くことになります。
 健康診断とは、スクリーニング(病気の有無の振い分け)するということです。健診結果がお手元に届いたら必ず確認していただき、もしも異常があった場合は「二次検査」を受診しましょう。また、健康な方でも検査時の体調により、異常が現れる場合がありますので、自分で判断したり、検査結果を無視したりすることなく、二次検査を受診して専門医の指示に従ってください。

*二次検査費用は健康保険が使えます。


一部の施設では、検査の結果「メタボリックシンドローム」と判定された場合に、生活習慣を改善するための特定保健指導を利用することができるようになりました。
健診後の結果説明の際に、「特定保健指導」を勧められた方は是非積極的に利用してください。

*特定保健指導の費用は全額健康保険組合が負担しますので自己負担はありません。


「特定健康診査」はなぜ必要なの?


 
 
兵庫トヨタ自動車健康保険組合